タナ


ハネ・フッコが釣れないときの対処法

ハネの性質について考えてみる

ハネは温帯性の魚ですから、温度が10度を切ると極端に活性が悪くなります。

そして季節によって食いつきが違うこと。

ハネの性質をじっくりと考えてみると、釣れない原因が見えてくるはずです。

タナを変えてみる

ハネ釣りでは夜明け前のタナは浅いところを、

日中は深いタナを探るのが基本になっています。

ですが、常に基本通りにハネが移動しているわけではありません。

冬場の寒バネ狙いであれば、夜明け前でも底に溜まっていることがあります。

釣れないときにはタナを変えてみるといいでしょう。

エビの活きが悪い

ハネにはリアクションバイトという、動くものに反射的に食いつく性質があります。

そのため、エビ撒き釣りではできるだけ活きのいいエビを使用するのです。

クーラーでの保存状態が悪く、エビが弱ってしまっていたり、あるいは

ハリの掛け方が悪くて死なせてしまったりしていないか確認してみてください。

マキエが効いていない

マキエは、ハネを寄せるために最も大事な作業です。

単にばらまけばいいというものではなく、

狙ったポイントの狙ったタナに上手にマキエを効かせる必要があります。

もし、同じポイントにマキエをしているにも関わらず、アタリが来ない場合は

潮の流れなどでポイントがずれてしまっていないか観察してみましょう。

ハネに食わせるまでのテクニック

ポイントを設定する

エビ撒き釣りでは、ハネが回遊するポイントと

ハネが捕食行動を行うであろうタナのレンジを、

マキエをする前に自分で設定する必要があります。

このポイントの設定こそが、

その日の釣果を決めると言っても過言ではありません。

そして一旦ポイントを設定した後は、

そのポイントにハネを呼び寄せるための土壌作りをしていきます。

マキエを効かせるのは意外と難しい作業で、潮の流れが速過ぎると、

狙ったタナに届く前にポイントがずれてしまうこともあります。

また、適度な量のマキエをコンスタントにポイントに落とし込むことで、

ハネの群れが回遊したときに、そのポイントは爆釣ポイントに変身してくれます。

そしてウキの「前アタリ」「本アタリ」を上手く見極め、

本アタリでアワセるテクニックを身につけることも上達への第一歩となります。

マキエの量はどのくらいが適切か

エビ撒き釣りでマキエはどれだけ必要か?

エビ撒き釣りでは、マキエは多いほどチャンスが大きくなります。

エビの量が少な過ぎると、釣れるものも釣れなくなってしまいますので、

ある程度の出費を予定しておいてください。

大体、3,000円~5,000円ほどシラサエビを買っておけば十分です。

なぜなら、成魚したスズキとは違い、

エビで釣れるサイズは若いセイゴハネです。

人間でもそうですが、若いと食欲も旺盛ですので、大きめのハネであれば、

1,000円分くらいのエビを平気で平らげてしまいます。

しかしながら、ただ単に大量に撒いておけば釣れるというものではありません。

エサを効果的にポイントに投げ入れ、

狙い通りのタナでヒットさせる技術は必須です。

マキエは誰にでも簡単にできると思いがちですが、

実際の釣り場で投げようとするとうまく飛んでいきません。

投げる柄杓の品質も重要です。

もし、隣の人が釣れていてあなただけが釣れていない場合、

あなたのエサの効かせ方がハネにアピールしていない状態です。

釣れている人のマキエの仕方をじっくりと観察してみてください。

ハネ・フッコ釣りは難しい?

ハネ釣りは難しいと言われていますが…

ハネ釣り「エビを撒いて、寄せて釣る」という釣法が確立された釣りですが、

実際にやってみた方は

「エビを撒いても、うまくハネを寄せられない」

「釣れるときと釣れない時の差が激しい」

など、苦手意識を持っている方が多いようです。

確かに、アタリ一つとっても前アタリ本アタリを見分けるのは、

繊細な動きをキャッチする能力が問われるので、

ある程度の経験は必要になるでしょう。

自分で寄せるタナを決める

エビ撒き釣りでは、あらかじめ自分が決めたポイントやタナを決めておき、

そこにエビを撒いて魚を寄せて釣ります。

一流のハネ釣り師は、常にマキエを最大限に効かせ、

ポイントをずらすことなくハネを上手に寄せています。

名人級の技を身につけるには時間がかかりますが、

マキエの効かせ方を勉強すると、釣果も上がるでしょう。

ハネ・フッコ釣りのコツ

コツなんてあるの?

マキエの量は多ければいいというものでもなく、

適切に使用することもコツの一つになっています。

初心者の方はエビを上手く撒けずに狙うタナに流せず、

隣にベテランの釣り人がいれば迷惑な顔をされてしまうこともあります。

ハネは回遊魚ですので、

狙うべきタナは、あらかじめ回遊するポイントになっている場所です。

そこにハネが到達する前にマキエを打っておくと、

ハネが来た時点で留めることができます。

フィールドのクセをつかむ

マキエをいくら打ち続けてもアタリが来ないと、

ポイントを移動してしまいたい気持ちになりますが、場所移動をすると、

後でハネが集まってきたりしてもったいないことになってしまいます。

安易に場所移動をするのではなく、

タナの深さを変えてみるだけでアタリが急に来ることもあります

実績のあるポイントの場合は、少し粘り強く釣ってみるといいでしょう。

夏のハネ・フッコ・セイゴ釣り

ポイントが限定される

バチ抜けが終わり、栄養をたっぷりと蓄えたハネは、

場所を移動してしまうため、釣れるポイントが比較的限定されます。

それ以外のポイントでも釣れることはありますが、

狙って釣るほど個体数が多くはなく、釣れているポイントを狙う方が無難です。

スリットの浅いタナ波止の材木の陰に身を潜めていることが多いようです。

夏の大阪湾はハネが釣れる、という報告は減っています。

逆に神戸方面の波止場において、夏場は実績が高いようです。

このように、「ハネが釣れている」という情報を集めてから、

フィールドを選択するといい結果を出せるでしょう。

この時期のハネは特に、集まる場所が決まっているので、

「どのポイントやタナを攻めるべきか」を事前に十分検討しておくことが、

釣果を分けることになります。

タグ

最新情報