スズキ


マキエの量はどのくらいが適切か

エビ撒き釣りでマキエはどれだけ必要か?

エビ撒き釣りでは、マキエは多いほどチャンスが大きくなります。

エビの量が少な過ぎると、釣れるものも釣れなくなってしまいますので、

ある程度の出費を予定しておいてください。

大体、3,000円~5,000円ほどシラサエビを買っておけば十分です。

なぜなら、成魚したスズキとは違い、

エビで釣れるサイズは若いセイゴハネです。

人間でもそうですが、若いと食欲も旺盛ですので、大きめのハネであれば、

1,000円分くらいのエビを平気で平らげてしまいます。

しかしながら、ただ単に大量に撒いておけば釣れるというものではありません。

エサを効果的にポイントに投げ入れ、

狙い通りのタナでヒットさせる技術は必須です。

マキエは誰にでも簡単にできると思いがちですが、

実際の釣り場で投げようとするとうまく飛んでいきません。

投げる柄杓の品質も重要です。

もし、隣の人が釣れていてあなただけが釣れていない場合、

あなたのエサの効かせ方がハネにアピールしていない状態です。

釣れている人のマキエの仕方をじっくりと観察してみてください。

ハネ釣りはどんな釣りでしょうか?

関西の伝統的なエビ撒き釣り

ハネは関西の呼び名ですが、

大阪湾では伝統的にエビ撒き釣りが行われています。

大沢間は内海の比較的穏やかな、波の静かな場所ですので、

ウキの微妙な動きを読み取れるかどうかが上達のコツです。

エビ撒き釣りのエビは「シラサエビ」という小さなエビで、

スズキよりも若いハネには食い気があるため、積極的に寄って食いついてきます。
ハネ釣りはどんな釣りでしょうか?-1

マキエで寄せて釣り上げるのが、ハネ釣りです。

エサの効かせ方が難しい

ハネ釣りで重要なのが、マキエの上手な使い方です。

エサをいかに効かせ、ハネを狙うポイントに集めるかどうかが勝負の決め手になります。

また、基本的にハネ以上の大きさのものはタモがないと取り込みができません。

釣り上げようとしてバラシては大変ですので、タモは必ず持って行きましょう。

ハネ釣りはどんな釣りでしょうか?-2

春のハネ・フッコ・セイゴ釣り

バチ抜け時期までが勝負!

春はハネの活性が高まってくる時期であり、スズキに近いくらい

大きなハネが回遊したり、

ハネの方から積極的にエビに食いついてくれる爆釣を狙える時期です。

この時期のハネは比較的、底のタナを回遊しているため、

底を狙うと良いでしょう。

そのため、マキエについても、

上撒きをせず、底撒きでポイントを作っていく努力が必要です。

その際、ポイントがずれないよう、距離や深さを一定に保ちつつ、

マキエをしなくてはならないので、潮の流れにも注意が必要です。

もし、可能であれば底撒き用のカゴを入手して利用されると

効率的に底にマキエができます。

しかしながら、5月過ぎからゴカイが一斉に産卵する、

バチ抜けが始まります。

このバチ抜けが始まってしまうと、ハネはゴカイを狙うようになるので、

せっかくマキエをしてもエビに見向きもしなくなります。

バチ抜け時期にはエビ撒き釣りは少々不利になるので、

釣行を楽しむのはバチ抜け前にすると良いでしょう。

ハネ(スズキ・フッコ)とは…?

ハネって何のこと?

スズキのことですが、50~60cm程度のものを関西ではハネ

関東(中部から)ではフッコと呼び、

60cm以上のものをスズキと呼んでいます。

いわゆる出世魚のことで、大きさにより呼び名が変わります。

ちなみに30cm以下の小さいサイズはセイゴと呼びます。

ハネは、北海道の石狩湾を北限とし、全国的に生息しており、

釣りの対象魚として大変な人気を誇っています。

ハネ(スズキ・フッコ)とは…?

どんな魚ですか?

肉食魚で、大変獰猛な食欲があります。

成長すると、全長1メートル以上になる個体も存在します。

温かい水温を好み、産卵期は3月頃です。

潮の干満に敏感で、季節によって魚の食いが変化するため

安定した釣果を得るのが難しいと言われています。

タグ

最新情報