シラサエビ


マキエの量はどのくらいが適切か

エビ撒き釣りでマキエはどれだけ必要か?

エビ撒き釣りでは、マキエは多いほどチャンスが大きくなります。

エビの量が少な過ぎると、釣れるものも釣れなくなってしまいますので、

ある程度の出費を予定しておいてください。

大体、3,000円~5,000円ほどシラサエビを買っておけば十分です。

なぜなら、成魚したスズキとは違い、

エビで釣れるサイズは若いセイゴハネです。

人間でもそうですが、若いと食欲も旺盛ですので、大きめのハネであれば、

1,000円分くらいのエビを平気で平らげてしまいます。

しかしながら、ただ単に大量に撒いておけば釣れるというものではありません。

エサを効果的にポイントに投げ入れ、

狙い通りのタナでヒットさせる技術は必須です。

マキエは誰にでも簡単にできると思いがちですが、

実際の釣り場で投げようとするとうまく飛んでいきません。

投げる柄杓の品質も重要です。

もし、隣の人が釣れていてあなただけが釣れていない場合、

あなたのエサの効かせ方がハネにアピールしていない状態です。

釣れている人のマキエの仕方をじっくりと観察してみてください。

ハネ・フッコ釣りのタックル

エビ撒き釣りの仕掛けとは?

エビ撒き釣りの仕掛けでは、軟調のロッドを使用します。

また、ハリスは短め80cm前後が理想的です。

また、サシエを自然にマキエに入れるため、ガン玉をつけてエビの動きを調整します。

エビの付け方には、「チョン掛け」「エラ掛け」「尾掛け」などがあります。

ハリがあまり太いものだと、エビに負担がかかり、

エラ掛けで誤って脳みそを刺してしまうとせっかくのエビが死んでしまいます。

初心者にはチョン掛けが簡単でしょう。

そしてサシエの活きがアタリを得るためには大変重要です。

専用のクーラーでシラサエビをできるだけ鮮度がいい状態で保存しているのは、

エビの動きがハネを誘うために大事だからです。

サシエにするにはできるだけ質のいいもの、元気なもの、

あるいは抱卵をしているエビがいいでしょう。

なお、ウキは孔雀のウキなどを使用します。

孔雀の羽のウキは感度がいいので人気があります。

基本的なハネ・フッコ釣り装備

忘れないように、チェックしてみよう

釣行当日は慌ただしいものです。

ハネ釣りに必要な装備は、前日までにあらかじめ点検しておくといいでしょう。

以下は、一般的に用意していれば、ハネ釣りを十分に楽しめる装備です。

タックル一式(ロッド、リール、道糸、ハリス、ハリ、ウキ、ガン玉、オモリ)

タモ(5メートルくらいのもの)

シラサエビ

エビ保管用のクーラー(専用のものがベスト)

エビ撒きカゴ(エビを底へ撒くための専用のカゴ)

ウキゴムとウキ止め

● ヘッドライト(暗い時の釣行に使用)

ライフジャケット

● 帽子

● ウェットティッシュ(汚れた手を拭く)

なお、海の傍での釣りには危険が伴います。

一見、穏やかに見える日でも、急に波が高くなることがあるので、

ライフジャケットの着用を習慣づけるようにしましょう。

実際、波止場での事故例も起こっています。

大きな事故が発生すると釣り場自体が閉鎖されてしまうこともあるので、

安全に十分配慮のうえ、釣りを楽しんでください。

エビ撒き釣りで一番大事な釣り具

エビ撒き釣りで一番大事な釣り具とは?

エビ撒き釣りで一番大事な釣り具は、ロッド、リールなどの釣り具ではありません。

一番大事な釣り具は、エビ活かしクーラーです。

エビ撒き釣りで一番大事な釣り具

エビ撒き釣りは、生きたエビを大量に使用します。

しかも、このエビの活きの良さを保ったまま、フィールドに持ち込む必要があります。

具体的には、3時間~5時間程度の釣りで、

3000円から5000円分のエビを使用します。

少なくても釣れないことはないですが、

基本は、1時間に1000円分くらいのエビがあった方がいいです。

このエビの活きの良さを保ったまま、しかも大量に現場に持ち込むには…

・クーラーのサイズは大き目が良い(具体的には11L)

・クーラーの内側にネットを張る(シラサエビは、掴まる所がないと弱りが早いです)

・金魚のブクブクなどを使用して、クーラー内の水質に気をつける

・すくいダマは浮く物が重宝する

・エアーポンプは質のよいものを選ぶ(ナショナルの物が良いと思います)

ハネ釣りはどんな釣りでしょうか?

関西の伝統的なエビ撒き釣り

ハネは関西の呼び名ですが、

大阪湾では伝統的にエビ撒き釣りが行われています。

大沢間は内海の比較的穏やかな、波の静かな場所ですので、

ウキの微妙な動きを読み取れるかどうかが上達のコツです。

エビ撒き釣りのエビは「シラサエビ」という小さなエビで、

スズキよりも若いハネには食い気があるため、積極的に寄って食いついてきます。
ハネ釣りはどんな釣りでしょうか?-1

マキエで寄せて釣り上げるのが、ハネ釣りです。

エサの効かせ方が難しい

ハネ釣りで重要なのが、マキエの上手な使い方です。

エサをいかに効かせ、ハネを狙うポイントに集めるかどうかが勝負の決め手になります。

また、基本的にハネ以上の大きさのものはタモがないと取り込みができません。

釣り上げようとしてバラシては大変ですので、タモは必ず持って行きましょう。

ハネ釣りはどんな釣りでしょうか?-2

ハネ・フッコ豆知識

釣果に大きな差が出る底撒きカゴ

エビ撒き釣りマキエの重要性は何度も繰り返していますが、

底のポイントに上手にシラサエビを撒くために、底撒きカゴ

という便利な道具が開発されました。

上撒きで上がってくる状態であれば問題ありませんが、

底のタナを狙わないと釣れない時はマキエを底にまで届けなければなりません。

柄杓で深いタナまでエビを撒くのはなかなか難しいものです。

そこで底撒きカゴを使用すると、ごく簡単にピンポイントで

底のタナにマキエを効かせることができます。

ただ、底撒きカゴの紐は耐久性が悪く、潮の流れが強過ぎると

すぐに切れてロストしてしまう可能性があります。

紐の部分をワイヤーなどで補強すれば切れることもなくなるので、

事前に手を加えておきましょう。

エラ洗いに注意

ハネのエラ洗いは、やり取りのファイティングとしては面白いものですが、

エビ撒き釣りにおいては注意が必要になります。

エビ撒き釣り用のラインは細めのものですし、またエビにダメージを

与えないように細い針を使用していますから、

エラ洗いで逃げられてしまう可能性が高いのです。

もどかしいかもしれませんが、

徐々に距離を詰めてエラ洗いをさせないようにしましょう。

タグ

最新情報