サシエ


ハネ・フッコ釣りのタックル

エビ撒き釣りの仕掛けとは?

エビ撒き釣りの仕掛けでは、軟調のロッドを使用します。

また、ハリスは短め80cm前後が理想的です。

また、サシエを自然にマキエに入れるため、ガン玉をつけてエビの動きを調整します。

エビの付け方には、「チョン掛け」「エラ掛け」「尾掛け」などがあります。

ハリがあまり太いものだと、エビに負担がかかり、

エラ掛けで誤って脳みそを刺してしまうとせっかくのエビが死んでしまいます。

初心者にはチョン掛けが簡単でしょう。

そしてサシエの活きがアタリを得るためには大変重要です。

専用のクーラーでシラサエビをできるだけ鮮度がいい状態で保存しているのは、

エビの動きがハネを誘うために大事だからです。

サシエにするにはできるだけ質のいいもの、元気なもの、

あるいは抱卵をしているエビがいいでしょう。

なお、ウキは孔雀のウキなどを使用します。

孔雀の羽のウキは感度がいいので人気があります。

なぜハリスを短くした方がいいのか

ハリスが長いと、仕掛けが絡んでしまう

エビ撒き釣りでは、短めのハリスが推奨されています。

流れのない場所ではサシエの安定感を保つのが簡単なため、

長いハリスでも問題はありません。

ですが、潮の流れの激しい場所や複雑な動きをする場所では

長いハリスでは仕掛けが絡まってしまうのです。

ハリスは通常、80cm程度を使用しますが、

潮の流れが複雑で絡まる可能性があると判断した場合、60cm程度に

短くして使用するとサシエが非常に安定しますし、絡まることもなくなります。

ただ、欠点としてはハリスを短くすると、その分

強度が下がってしまいますので

ハリスの号数を1ランク太くする方がベターです。

このように仕掛けを変えてやることで、バラシの確率を減らすことができます。

強烈な獲物がかかった場合はハリスの長さが短いので、

若干魚を走らせるのが難しくなりますが、魚の動きをよく見て対応してください。

タグ

最新情報