エラ洗い


ハネに食わせてからのテクニック

せっかくのアタリを逃さない技術

マキエをして、しっかりとしたポイント作りができれば、

後はうまくアワセてやり取りが始まります。

このやり取りこそが、ハネ釣りの醍醐味であり、激しいエラ洗いや

逃げようともがき走る勇姿に、多くのアングラーが夢中になっています。

やり取りの基本はできるだけハネを走らせ、力を弱らせることです。

力強い、と言ってもそれほどの持久力はありませんから、

しばらく走ると手前に引き寄せることができます。

そこで徐々に手前に引き寄せた後は、ラインブレイクしないように

エラ洗いに注意してタモを片手に用意し、タイミングを見計らって引き上げます。

ここでバラシをやってしまうと、

せっかく作ったポイントが台無しになってしまいます

取り込みになるとエキサイトしますが、

冷静さを保ってすみやかに取り込めるようになりましょう。

ハネ・フッコ豆知識

釣果に大きな差が出る底撒きカゴ

エビ撒き釣りマキエの重要性は何度も繰り返していますが、

底のポイントに上手にシラサエビを撒くために、底撒きカゴ

という便利な道具が開発されました。

上撒きで上がってくる状態であれば問題ありませんが、

底のタナを狙わないと釣れない時はマキエを底にまで届けなければなりません。

柄杓で深いタナまでエビを撒くのはなかなか難しいものです。

そこで底撒きカゴを使用すると、ごく簡単にピンポイントで

底のタナにマキエを効かせることができます。

ただ、底撒きカゴの紐は耐久性が悪く、潮の流れが強過ぎると

すぐに切れてロストしてしまう可能性があります。

紐の部分をワイヤーなどで補強すれば切れることもなくなるので、

事前に手を加えておきましょう。

エラ洗いに注意

ハネのエラ洗いは、やり取りのファイティングとしては面白いものですが、

エビ撒き釣りにおいては注意が必要になります。

エビ撒き釣り用のラインは細めのものですし、またエビにダメージを

与えないように細い針を使用していますから、

エラ洗いで逃げられてしまう可能性が高いのです。

もどかしいかもしれませんが、

徐々に距離を詰めてエラ洗いをさせないようにしましょう。

タグ

最新情報