エラ掛け


ハネ・フッコ釣りのタックル

エビ撒き釣りの仕掛けとは?

エビ撒き釣りの仕掛けでは、軟調のロッドを使用します。

また、ハリスは短め80cm前後が理想的です。

また、サシエを自然にマキエに入れるため、ガン玉をつけてエビの動きを調整します。

エビの付け方には、「チョン掛け」「エラ掛け」「尾掛け」などがあります。

ハリがあまり太いものだと、エビに負担がかかり、

エラ掛けで誤って脳みそを刺してしまうとせっかくのエビが死んでしまいます。

初心者にはチョン掛けが簡単でしょう。

そしてサシエの活きがアタリを得るためには大変重要です。

専用のクーラーでシラサエビをできるだけ鮮度がいい状態で保存しているのは、

エビの動きがハネを誘うために大事だからです。

サシエにするにはできるだけ質のいいもの、元気なもの、

あるいは抱卵をしているエビがいいでしょう。

なお、ウキは孔雀のウキなどを使用します。

孔雀の羽のウキは感度がいいので人気があります。

エビの付け方

チョン掛けとエラ掛け

チョン掛け
チョン掛け
エラ掛け
エラ掛け
小さいエビは基本的に尻尾側にハリをつけるチョン掛けが勝ります。

サイズの大きめのエビはエラ掛けですね。

食い自体は、エラ掛けが良いという人もいますが、トータルでみると、

そんなに変わらないように思います。

タグ

最新情報