アタリ


ハネに食わせてからのテクニック

せっかくのアタリを逃さない技術

マキエをして、しっかりとしたポイント作りができれば、

後はうまくアワセてやり取りが始まります。

このやり取りこそが、ハネ釣りの醍醐味であり、激しいエラ洗いや

逃げようともがき走る勇姿に、多くのアングラーが夢中になっています。

やり取りの基本はできるだけハネを走らせ、力を弱らせることです。

力強い、と言ってもそれほどの持久力はありませんから、

しばらく走ると手前に引き寄せることができます。

そこで徐々に手前に引き寄せた後は、ラインブレイクしないように

エラ洗いに注意してタモを片手に用意し、タイミングを見計らって引き上げます。

ここでバラシをやってしまうと、

せっかく作ったポイントが台無しになってしまいます

取り込みになるとエキサイトしますが、

冷静さを保ってすみやかに取り込めるようになりましょう。

タグ

最新情報