ハネ(スズキ・フッコ)とは…?

ハネって何のこと?

スズキのことですが、50~60cm程度のものを関西ではハネ

関東(中部から)ではフッコと呼び、

60cm以上のものをスズキと呼んでいます。

いわゆる出世魚のことで、大きさにより呼び名が変わります。

ちなみに30cm以下の小さいサイズはセイゴと呼びます。

ハネは、北海道の石狩湾を北限とし、全国的に生息しており、

釣りの対象魚として大変な人気を誇っています。

ハネ(スズキ・フッコ)とは…?

どんな魚ですか?

肉食魚で、大変獰猛な食欲があります。

成長すると、全長1メートル以上になる個体も存在します。

温かい水温を好み、産卵期は3月頃です。

潮の干満に敏感で、季節によって魚の食いが変化するため

安定した釣果を得るのが難しいと言われています。

タグ

最新情報