ハネに食わせるまでのテクニック

ポイントを設定する

エビ撒き釣りでは、ハネが回遊するポイントと

ハネが捕食行動を行うであろうタナのレンジを、

マキエをする前に自分で設定する必要があります。

このポイントの設定こそが、

その日の釣果を決めると言っても過言ではありません。

そして一旦ポイントを設定した後は、

そのポイントにハネを呼び寄せるための土壌作りをしていきます。

マキエを効かせるのは意外と難しい作業で、潮の流れが速過ぎると、

狙ったタナに届く前にポイントがずれてしまうこともあります。

また、適度な量のマキエをコンスタントにポイントに落とし込むことで、

ハネの群れが回遊したときに、そのポイントは爆釣ポイントに変身してくれます。

そしてウキの「前アタリ」「本アタリ」を上手く見極め、

本アタリでアワセるテクニックを身につけることも上達への第一歩となります。

タグ

最新情報