マキエの量はどのくらいが適切か

エビ撒き釣りでマキエはどれだけ必要か?

エビ撒き釣りでは、マキエは多いほどチャンスが大きくなります。

エビの量が少な過ぎると、釣れるものも釣れなくなってしまいますので、

ある程度の出費を予定しておいてください。

大体、3,000円~5,000円ほどシラサエビを買っておけば十分です。

なぜなら、成魚したスズキとは違い、

エビで釣れるサイズは若いセイゴハネです。

人間でもそうですが、若いと食欲も旺盛ですので、大きめのハネであれば、

1,000円分くらいのエビを平気で平らげてしまいます。

しかしながら、ただ単に大量に撒いておけば釣れるというものではありません。

エサを効果的にポイントに投げ入れ、

狙い通りのタナでヒットさせる技術は必須です。

マキエは誰にでも簡単にできると思いがちですが、

実際の釣り場で投げようとするとうまく飛んでいきません。

投げる柄杓の品質も重要です。

もし、隣の人が釣れていてあなただけが釣れていない場合、

あなたのエサの効かせ方がハネにアピールしていない状態です。

釣れている人のマキエの仕方をじっくりと観察してみてください。

タグ

最新情報