ハネ・フッコ釣りは難しい?

ハネ釣りは難しいと言われていますが…

ハネ釣り「エビを撒いて、寄せて釣る」という釣法が確立された釣りですが、

実際にやってみた方は

「エビを撒いても、うまくハネを寄せられない」

「釣れるときと釣れない時の差が激しい」

など、苦手意識を持っている方が多いようです。

確かに、アタリ一つとっても前アタリ本アタリを見分けるのは、

繊細な動きをキャッチする能力が問われるので、

ある程度の経験は必要になるでしょう。

自分で寄せるタナを決める

エビ撒き釣りでは、あらかじめ自分が決めたポイントやタナを決めておき、

そこにエビを撒いて魚を寄せて釣ります。

一流のハネ釣り師は、常にマキエを最大限に効かせ、

ポイントをずらすことなくハネを上手に寄せています。

名人級の技を身につけるには時間がかかりますが、

マキエの効かせ方を勉強すると、釣果も上がるでしょう。

タグ

最新情報