夏のハネ・フッコ・セイゴ釣り

ポイントが限定される

バチ抜けが終わり、栄養をたっぷりと蓄えたハネは、

場所を移動してしまうため、釣れるポイントが比較的限定されます。

それ以外のポイントでも釣れることはありますが、

狙って釣るほど個体数が多くはなく、釣れているポイントを狙う方が無難です。

スリットの浅いタナ波止の材木の陰に身を潜めていることが多いようです。

夏の大阪湾はハネが釣れる、という報告は減っています。

逆に神戸方面の波止場において、夏場は実績が高いようです。

このように、「ハネが釣れている」という情報を集めてから、

フィールドを選択するといい結果を出せるでしょう。

この時期のハネは特に、集まる場所が決まっているので、

「どのポイントやタナを攻めるべきか」を事前に十分検討しておくことが、

釣果を分けることになります。

タグ

最新情報