冬のハネ・フッコ・セイゴ釣り

寒バネ釣りを楽しむ

冬のハネ釣りは、寒バネ釣りとも呼ばれ、

大阪湾では多くのアングラーがハネ釣りをしています。

ハネは水底近くを回遊していますので、

やはり底狙いでポイントを作っていきます。

この季節は水路のような狭い場所にハネが溜まっていることがあります。

また、潮の流れも重要ですが、

それよりもいかにうまくマキエをポイントに効かせるかが大事です。

水温が低いため、ハネの活性は下がっていますが、

ポイントを仕込んでおくことによって、ハネが少しずつ集まってきます。

ただ、そこでバラシてしまうとポイントがダメになってしまうため、

取り込みのときには十分注意してください。

なお、水温が10度を切ると、アタリがほとんどなくなるため、

できるだけ温かい日を選ぶといいでしょう。

どちらかと言うと、日が昇ってからの方が食いが良くなるようです。

最後に、寒バネ釣りは季節柄、非常に寒い中での釣行となります。

風邪を引かないよう、十分に温かい装備をしてください。

タグ

最新情報