道具について


ハネ・フッコ釣り道具の揃え方

ハネ・フッコ釣り道具の揃え方

ロッド

これからハネ釣りに取り組まれる方は、できれば季節ごとに

ロッドを変えると理想的です。

ですが、予算に余裕がない場合は1号から1.5号程度のロッドを

選択させると良いでしょう。

風が強いときには硬めのロッドの方が有利です。

リール

レバーブレーキ付きのスピニングリールがお勧めです。

糸の出し入れがしやすく、ハネとのやり取りにおいてラインの出し入れが

便利な方が扱いやすいでしょう。

ライン

ナイロン、フロロ、PE製のラインがあります。

初心者でも扱いやすいのはナイロン製です。

価格も安く、人気がありますが劣化しやすい面もあります。

反面、PEは感度も高く、劣化しづらいのですが、高価で扱いづらく、

上級者向けのラインとなっています。

ウキ

ウキはたくさんの種類は必要ありませんが、エビ撒き釣りが好きな人は

自作のウキを作ることも楽しみの一つになっているようです。

孔雀の羽を使用したウキがとても人気です。

エビクーラー

生きエビを保管するために必要です。

エビの鮮度が良いほど、食いつきも良くなります。

基本的なハネ・フッコ釣り装備

忘れないように、チェックしてみよう

釣行当日は慌ただしいものです。

ハネ釣りに必要な装備は、前日までにあらかじめ点検しておくといいでしょう。

以下は、一般的に用意していれば、ハネ釣りを十分に楽しめる装備です。

タックル一式(ロッド、リール、道糸、ハリス、ハリ、ウキ、ガン玉、オモリ)

タモ(5メートルくらいのもの)

シラサエビ

エビ保管用のクーラー(専用のものがベスト)

エビ撒きカゴ(エビを底へ撒くための専用のカゴ)

ウキゴムとウキ止め

● ヘッドライト(暗い時の釣行に使用)

ライフジャケット

● 帽子

● ウェットティッシュ(汚れた手を拭く)

なお、海の傍での釣りには危険が伴います。

一見、穏やかに見える日でも、急に波が高くなることがあるので、

ライフジャケットの着用を習慣づけるようにしましょう。

実際、波止場での事故例も起こっています。

大きな事故が発生すると釣り場自体が閉鎖されてしまうこともあるので、

安全に十分配慮のうえ、釣りを楽しんでください。

ウキへのこだわり

ウキを改造?

ハネ釣りのアングラーには、ウキへのこだわりが強い人が多いものです。

円錐ウキよりは、棒ウキの方が感度がいいようです。

ウキへのこだわり

ウキにこだわっている方は、トップが太めだと風や波の影響が大きいから

と言って孔雀のウキを手作りで作る人もいます。

浮力の調整を自分好みにカスタマイズできるため、

市販の物では得られない安定感があるようです。

ただ、孔雀では重さがほとんどないため、

ボトムに糸オモリを巻いて安定させなければなりません。

そして、ウキは寿命が短く、長く使用するためには釣りの後で

潮抜きをする必要があります。

メンテナンスをせずに放置しておくと、

すぐに劣化して使い物にならなくなるので、注意しましょう。

塗装が剥げてかっこわるくなるだけではなく、サビが出て、

肝心なときにラインブレイクを起こす原因にもなりかねません。

道具にこだわり、大切に扱うのもテクニックの一つです。

タグ

最新情報