エビ撒き釣り


エビ撒き釣りで一番大事な釣り具

エビ撒き釣りで一番大事な釣り具とは?

エビ撒き釣りで一番大事な釣り具は、ロッド、リールなどの釣り具ではありません。

一番大事な釣り具は、エビ活かしクーラーです。

エビ撒き釣りで一番大事な釣り具

エビ撒き釣りは、生きたエビを大量に使用します。

しかも、このエビの活きの良さを保ったまま、フィールドに持ち込む必要があります。

具体的には、3時間~5時間程度の釣りで、

3000円から5000円分のエビを使用します。

少なくても釣れないことはないですが、

基本は、1時間に1000円分くらいのエビがあった方がいいです。

このエビの活きの良さを保ったまま、しかも大量に現場に持ち込むには…

・クーラーのサイズは大き目が良い(具体的には11L)

・クーラーの内側にネットを張る(シラサエビは、掴まる所がないと弱りが早いです)

・金魚のブクブクなどを使用して、クーラー内の水質に気をつける

・すくいダマは浮く物が重宝する

・エアーポンプは質のよいものを選ぶ(ナショナルの物が良いと思います)

エビの付け方

チョン掛けとエラ掛け

チョン掛け
チョン掛け
エラ掛け
エラ掛け
小さいエビは基本的に尻尾側にハリをつけるチョン掛けが勝ります。

サイズの大きめのエビはエラ掛けですね。

食い自体は、エラ掛けが良いという人もいますが、トータルでみると、

そんなに変わらないように思います。

タグ

最新情報